ビジネス

「コム デ ギャルソン」がコンクリートをイメージした香水発売

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」は9月に新フレグランス「コンクリート(Concrete)」を発売する。コンクリートのデザインのボトルが特徴で、サンダルウッドをメーンに調香した優しい香りだ。プーチ(PUIG)が製造している。ニューヨークのドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)ですでに先行発売した他、7月20日にはロンドンのドーバー ストリート マーケットとセルフリッジ(SELFRIDGES)で他地域に先駆けて発売する。

 「コンクリート」は、黒胡椒の香りをそのまま表現した「ブラックペッパー(Blackpepper)」など、同ブランドの他の香水とは異なり、コンクリートそのものの香りはしない。香りを手掛けた調香師のニコラ・ボーリュー(Nicolas Beaulieu)は「コム デ ギャルソンから、サンダルウッドを“壊すように”使って欲しいと言われた。コンクリートにまつわる『destruct(破壊)』『construct(構築)』『creation(創造)』という3つの概念を意識して、全く新しいものを生み出した」とコメント。また、クリスチャン・アストゥグヴィエイユ(Christian Astuguevieille)=コム デ ギャルソン パフューム クリエイティブ・ディレクターは「コンクリートと、ラグジュアリーな香りのコントラストを共有したかった。とてもハードな見た目のコンクリートボトルの中に、ソフトな香りを閉じ込め、そのギャップで人を驚かせたい」と語った。

 また、6月29日、ニューヨーク・ブルックリンでローンチイベントを開催した。翌日にはローンチに合わせ、ニューヨークのドーバー ストリート マーケットでアーティストのグラム・ハドソン(Graham Hudson)のインスタレーションを公開した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら