ニュース

ギャップ2〜4月期は12%増益 「オールドネイビー」がけん引

 ギャップ(GAP)の2017年2~4月期決算は、売上高が前年同期比でほぼ横ばいの34億ドル(約3842億円)、純利益は同12.6%増の1億4300万ドル(約161億5900万円)だった。既存店売上高は同2%増。「オールドネイビー(OLD NAVY)」と女性向けスポーツウエアの「アスレタ(ATHLETA)」がけん引した。

 アート・ペック(Art Peck)最高経営責任者(CEO)は「小売環境は引き続き厳しいが、われわれは最高の商品とカスタマー・エクスペリエンス(顧客経験)を届けることにフォーカスする。アイコニックなブランドポートフォリオとビジネス規模こそが、長期的な成長に導いてくれるだろう」と述べた。

 ブランド別で見ると、「オールドネイビー」が同8%増、「ギャップ」が4%減、「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」は4%減だった。ペックCEOは、「成長分野の中でも、『アスレタ』は並外れて業績を伸ばしている。『オールドネイビー』も非常に好調で、直近ではカリフォルニア州ウォルナットクリークに、ブランドをホリスティックに表現した新店舗をオープンした。この新しいフォーマットは、将来的に小型店舗のプロトタイプになる可能性がある」という。

 同社の2~4月期の業績は、すでに四半期ごとの結果を発表している多くの百貨店や専門店よりも優れていた。現在の小売業界について、ペックCEOは「リストラや倒産、客足減少、支出額の減少などさまざまな問題があり、われわれも少なからず影響を受けているが、これらの課題を市場シェア獲得のチャンスに変えたい。プライオリティは引き続き商品だ。少数の卸先との連携をより密にすることで、需要に素早く対応していく」とコメント。また、「私はいつもウィメンズのビジネスを一番に見ていて、その分野での成長に満足している。ウィメンズは最も困難なビジネスであり、業界の先端を行くものだ」と語った。