ファッション

「ポロ ラルフ ローレン」NY5番街の旗艦店を閉店

 ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)社は、ニューヨーク5番街の「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」旗艦店を来年3月までに閉店し、従業員をリストラする。閉店後は、デジタル事業を強化することで実店舗よりも効率的なビジネスの確立に努める計画だ。同社は、閉店に関する諸経費が3億7000万ドル(約410億円)必要だが、以降は毎年1億4000万ドル(約155億円)が削減できると推計。5番街に旗艦店に設けたカフェ「ラルフズ コーヒー(RALPH'S COFFEE)」などの新業態については、他店への導入など継続・発展を模索する。

 最高財務責任者のジェーン・ニールセン(Jane Nielsen)は、「これは、昨年6月に策定した再建プランに基づくもの。今後もデジタルショッピングに長けた消費者に最高の選択肢を提供していきたい」と述べている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら