ニュース

ラルフ ローレン、「デニム & サプライ」を終了 「ポロ」に集約

160923-das-001

 ラルフ ローレンは、デジタル世代に向けたカジュアル業態の「デニム & サプライ ラルフ ローレン」(以下、「デニム & サプライ」)を、基幹ブランドの「ポロ ラルフ ローレン」の中に組み込み、終了する。ステファン・ラーソン社長兼最高経営責任者(CEO)は、「基幹ブランドに注力する。我々のコアは、『ラルフ ローレン コレクション』と『ポロ ラルフ ローレン』(以下、『ポロ』)、それに(アメリカの百貨店などで販売する)『ローレン バイ ラルフ ローレン』の3つだ。『デニム & サプライ』は、ラルフ・ローレンが作り上げてきたアメリカンデニムのブランド。その真骨頂は、まさに『ポロ』にあり、今後はこのブランドでデニムの成長を目指す」と話す。ラーソン社長兼CEOは、「デニム & サプライ」を買い付けていたバイヤーたちは、すでに「ポロ」の中から商品を買い付けるよう会社と話をしているようだ。なお、「ダブル RL」や「RLX ゴルフ」「クラブ モナコ」など、ラルフ ローレン社が手掛けるほかのブランドやラインは継続する。

 ラルフ ローレンはビジネスの再構築に取り組んでおり、2016年度には1億8000万~2億2000万ドル(181億~222億円)の経費節減に取り組んでいる。本年度、来年度は減収や減益を見込んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら