ファッション

「マイン」が原宿に旗艦店をオープン

 「メゾン ミハラ ヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」から昨年デビューした「マイン(MYNE)」は近日中に東京・原宿にブランド初となる旗艦店「マイン バイ イデア」をオープンする。場所は、ユナイテッドアローズ原宿本店やクロムハーツ 原宿にほど近い東京都渋谷区神宮前3-30-12 Gビル神宮前03 2F。売り場面積は112平方メートルだ。

 店内では「マイン」のアーカイブから最新コレクションまでのすべてをそろえるほか、「オールモストブラック(ALMOSTBLACK)」や「ランドロード ニューヨーク(LANDLORD NEW YORK)」「ブラックアイパッチ(BLACK EYE PATCH)」など国内外のブランドも取り扱う。また、オープンを記念しブランドを代表するアイコニックなシューズ"ハイブリットスニーカー”の限定カラーを発売する。カラーはホワイトグレーで、価格は2万8000円だ。

 「マイン」は「メゾン ミハラ ヤスヒロ」の美学を受け継ぎつつ、ストリートカルチャーにフォーカスした新ブランド。これまでに「NEO YANKEE」「THE YOUTH」「SWEET CHILDREN」「VATO」など、若い世代をテーマにしたコレクションを発表している。

■MYne by idea
オープン:4月22日
住所:東京都渋谷区神宮前3-30-12 Gビル神宮前03 2F
時間:11:00~20:00

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら