ビジネス

ラルフ ローレンの再編成 「ブラック レーベル」終了とブランド統合

 ラルフ ローレンの3月期決算は増収減益だった。また同社の株価は、過去6カ月で25. 4 % 下落している。(5 月13 日現在)

 前年同期比81.1%の減益、既存店の売り上げが同96%だった10〜12月期決算を受け、同社は組織の再編成を実施。クリストファー・ピーターソン最高財務責任者兼副社長をグローバル・ブランド・プレジデントに昇格するなどの人事異動も行った。

 また、「ラルフ ローレン ブラック レーベル」を終了し、メンズは「ラルフ ローレンパープル レーベル」に、ウィメンズは「ラルフ ローレン コレクション」に統合する。ともにラグジュアリーラインとして出していた「ラルフ ローレン ブラックレーベル」と「ラルフ ローレンパープル レーベル」の2ブランド間の類似性が顧客の中で混乱を招いていることを鑑みて、「ラルフ ローレン ブラック レーベル」の終了に踏み切ったという。それぞれ、既存ブランドに統合することによって統一されたブランドメッセージを顧客に届けることを狙う。

 ピーターソン=プレジデントは「今までは地域別に運営していたため、店舗によって商品構成が異なることもあった。再編成で世界中の店の商品構成を共通にし、ブランドの世界観の一貫性を強めていきたい」と語る。同社は、組織編成で年間1億ドル(約119 億円)の経費削減を見込み、フルタイムで働く従業員の5%を解雇する。また、店舗および小売事業に投資を続け、為替リスクへの対策として全商品の値上げを行っているという。

詳細は5月25日号「WWDジャパン」

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。