ファッション

ラルフ ローレンが「カルバン・クライン」のデザイナーを起用

 ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)はシニア・バイス・プレジデント兼「ローレン ラルフ ローレン(LAUREN RALPH LAUREN)」「チャップス(CHAPS)」クリエイティブ・ディレクターにケヴィン・カリガン(Kevin Carrigan)前「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」グローバル・クリエイティブ・ディレクターを起用した。彼は両ブランドのデザインチームを率いるとともに、ライセンス事業を監修する。今までラルフ・ローレン(Ralph Lauren)=ラルフ ローレン創業者兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーが、外部に対しての唯一のデザイナーだった同社にとっては、大きな意味を持つ起用になる。

 カリガンは18年間、カルバン・クラインで「CK カルバン・クライン(CK CALVIN KLEIN)」「カルバン・クライン ジーンズ(CALVIN KLEIN JEANS)」「カルバン・クライン ホワイト レーベル(CALVIN KLEIN WHITE LABEL)」のデザインを手掛け、大胆なプレゼンテーションでコレクションを発表してきた。2016年8月にラフ・シモンズ(Raf Simons)が同ブランドのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに任命された2日後に退任した。

【関連記事】
正式発表間近?ラフ・シモンズが「カルバン・クライン コレクション」のクリエイティブ・ディレクター就任へ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。