ファッション

TSI、「ナノ・ユニバース」10店前後を閉鎖

 TSIホールディングスは、傘下のナノ・ユニバースとローズ バッドをてこ入れする。ナノ・ユニバースの72店舗(2016年11月末時点、アウトレット含む)のうち10店舗前後の不採算店舗を今期(17年2月期)から来期(18年2月期)にかけて閉める。同様にローズ バッドも数店舗を撤退する見通しだ。両社はこれまでTSIの稼ぎ頭だったが、16年上期(3~8月期)にはナノ・ユニバースが赤字に転落。TSI主導による収益率の向上とグループのシナジーを生かした再成長を目指す。

 16日に行われたTSIの16年3~11月期決算説明会で齋藤匡司・社長が明らかにした。TSIは今年を「ガバナンス元年」と位置づける。これまで独自のビジネス手法を採ってきたナノ・ユニバースとローズ バッドにおいても、業務フロー、物流、ITインフラなどTSIと一体化した手法を採用し、全体最適を目指す。

 ナノ・ユニバースではウィメンズのディレクターに「バナーバレット」などで実績を持つ二ノ宮和佳子氏の起用を決めた。齋藤社長は「もともとメンズが強いブランドだが、メンズがヨーロピアンモード、ウィメンズがコンサバ。テイストがバラバラなため、店舗でのカップルのお客さまの購買率も低かった。(ディレクター起用を機に)イメージを合わせていきたい」と説明する。TSIの「ナチュラルビューティーベーシック」などで成果を上げたNPS(ブランドのロイヤルティーを図る指標)、eNPS(会社に対する従業員のロイヤルティーを図る指標)も導入する。

【関連記事】
TSIが16年3~8月期で黒字転換 リストラで粗利益率改善
ナノ・ユニバース創業者の藤田社長が退任 後任に親会社TSIの濱田取締役

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。