ファッション

「コロンビア」がデニムで本澤裕治氏と協業

 アウトドアウエアブランド「コロンビア(COLUMBIA)」は2017-18年秋冬シーズンから「コロンビア ブルー プロジェクト(COLUMBIA BLUE PROJECT)」をスタートする。デニムブランドの「レッド カード(RED CARD)」をプロデュースするドクターデニム ホンザワの本澤裕治・代表と協業し、「コロンビア」のブランドカラーである青をデニム柄でアイテムに落とし込んだ。レッドキャストと呼ばれる赤味のインディゴとダークトーンの2種類のカラーや、1970年代のビンテージジャケットからインスピレーションを得たパッチワーク柄を耐久撥水素材にプリントし、デニム調の生地を新たに開発した。シルエットは、ドクターデニム ホンザワのオリジナルパターンを使用する。デニムパンツ同様に、ロゴ刺繍は赤仕様となる。

 本澤代表はエドウインで“エドウイン503”を立ち上げ、リーバイスで“リーバイス501”のモデルチェンジを担当した経歴を持つ。なお、「コロンビア」は2013年からデニム調素材を取り入れたアウターを展開している。

【関連記事】
「コロンビア」がリノベ企業と協業 都会のアウトドアスタイルを提案

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら