ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

アパレル企業のビューティ領域、それぞれの役割は

有料会員限定記事

【連載】ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

ビューティ賢者が
最新の業界ニュースを斬る

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、アパレル企業がビューティブランドを扱う狙いについての話。(この記事はWWDJAPAN2024年6月10日号からの抜粋です)

弓気田みずほ ユジェット代表・美容コーディネーター プロフィール

(ゆげた・みずほ)伊勢丹新宿本店化粧品バイヤーを経て独立。化粧品ブランドのショップ運営やプロモーション、顧客育成などのコンサルティングを行う。企業セミナーや講演も。メディアでは化粧品選びの指南役として幅広く活動中

【賢者が選んだ注目ニュース】

韓国発のビューティブランドの勢いは、いまだとどまるところを知らない。Qoo10や公式EC、バラエティーショップから、ドラッグストアやコンビニ、百貨店にも販路を広げているのに加え、「タンバリンズ(TAMBURINS)」のように熱烈なファンを引きつける店舗をつくるほどの成長を見せるブランドもある。

韓国コスメと国内アパレルは共存共栄?

既存チャネルでの競争が激化する中、浮上してきたのがアパレルのECサイトだ。韓国ブランドとしては新たな販路であり、アパレル企業としても新たなカテゴリーが加わることで売り上げアップを狙える。アパレル国内3位のアダストリアでは、Z世代向けに韓国の新進デザイナーによるアイテムを提供するセレクトショップ「エーランド」で韓国発スキンケア「VT」や「メディヒール(MEDIHEAL)」など約30のビューティブランドを扱っている。今回マークスタイラーが「ランウェイチャンネルビューティ」で扱うのは韓国発ビーガンコスメ「フィーブ(FEEV)」やスパ・エステ発スキンケア「シャンプリー(SHANGPREE)」など12ブランドほどだが、「エモダ(EMODA)」「エレンディーク(ELENDEEK)」などのターゲットである20~30代以上に向け、中価格帯のスキンケアを厚めにそろえている。ブランドの数をそろえるより、人気インフルエンサーのレコメンドで1つ1つのブランドをクローズアップするというスタイルをとった。

この続きを読むには…
残り1295⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。