ビューティ

マークスタイラーのEC「ランウェイチャンネル」、コスメのセレクト販売を開始

マークスタイラーはこのほど、公式EC「ランウェイチャンネル」(RUNWAY CHANNEL)」内に、コスメのECセレクトショップ「ランウェイチャンネル ビューティ(RUNWAY CHANNEL BEAUTY)」をオープンした。

立ち上げ時点で取り扱う「オノマ(ONOMA)」「フィーヴ(FEEV)」など12ブランドは、すべて韓国ブランド。5月24日までの期間限定で、元美容部員のあや、ヴィヴィガールの菜々ら、美容系インフルエンサー4人がセレクトしたお得なスペシャルセットを販売する。取り扱いブランドは順次拡大予定。

流行に敏感な20〜30代顧客と親和性

同社は「エモダ(EMODA)」のコスメライン“エモダコスメ”など、アパレルブランド内で化粧品やヘアケアを取り扱うことはあったが、コスメに特化した業態を立ち上げるのは初めて。

「ランウェイチャンネル」の利用客は20−30代が中心で、韓国コスメとの親和性は高い。「服だけではなくコスメ・雑貨もあわせて総合的なおしゃれを楽しめるECにしたい。流行に敏感な顧客層を意識し、コスメは国内でなかなか手に入りづらいブランドをピックアップした」(担当者)。今後も人気インフルエンサーを起用した企画などを継続して実施予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。