ビューティ

「ジョー マローン ロンドン」のアンバサダーにトム・ハーディー メンズ市場へも訴求強化

ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」(以下、ジョー マローン)の人気の香り“サイプレス&グレープバイン コロン インテンス(以下、サイプレス)のアンバサダーに英国人俳優のトム・ハーディ(TOM HARDY)が就任した。ハーディといえば、「レヴェナント:蘇えりし者」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた実力派俳優。久々にマッチョなアンバサダーが登場したという印象だ。多くの映画に出演し、ジェームズ・ボンド(James Bond)シリーズの主演男優候補にもなった彼だが、ブランドとのコラボレーションは、おそらく「ジョー マローン」が初めて。“サイプレス”は彼の長年のお気に入りの香りであるという。“サイプレス”は、男性に愛されるフレグランスの代表格である“フゼア”(シダ)のグループ。サイプレス(針葉樹)とブドウのつる、アンバーのウッディな香りは、個性的で大胆、ハーディのイメージにぴったりだ。彼は、映画監督のエドワード・ベルガーと父親で脚本家のチップス・ハーディと共に“サイプレス”のキャンペーンフィルム「例外と矛盾(THE ECEPTIONAL AND THE CONTRADICTION)」 を制作。ロンドンへの愛を表現した同フィルムで主演している。

ハーディ起用により男性への訴求を強化

5月半ばに代官山店で開催されたイベントのために、「ジョー マローン」のクリス・ワイアット=グローバル エデュケーション バイスプレジデントが来日。“サイプレス”の香りやハーディとの協業について語った。彼は、「“サイプレス”は一度知ったら虜になるような香り。キャンペーンフィルムは、ブランドとトムの故郷であるロンドンへのラブレターだ。ピンストライプのビジネスマンと修道女、パンクロッカーというタイプの違う人たちがパブで同じテーブルを囲むような矛盾に満ちた街」とコメント。モデル兼女優のアジョア・アボアー(Adwoa Aboah)も「ジョー マローン」のアンバサダーを務めているが、今回のハーディの起用はブランドにとって大きなプロジェクトだったという。フレグランスにおいてもジェンダーニュートラルな動きが広がっているとはいえ、まだまだ、女性が主流の市場。同ブランドでは、メンズ、ウィメンズと香りの区分けはしていないが、ハーディの起用により、男性に向けてもアピールしていくようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。