ファッション

「イエナ」が初のコスメセレクトブランドをスタート 「ワフィト」「ウカ」など“クリーンビューティ”を重視

 ベイクルーズグループの「イエナ(IENA)」は3月24日、初のコスメセレクトブランド「ローパーイエナ(L’EAU par iena)」をスタートさせる。デビュー時は日本のオーガニックスキンケアのセレクトとオリジナル雑貨を取り扱い、同社が運営する新業態「ベイクルーズストア」の西日本1号店である名古屋パルコ店とオンラインストアで24日から販売を開始する。

 「イエナ」は上品で洗練された大人のフレンチスタイルを提案するブランド。そこに体にも環境にも優しい処方であるクリーンビューティのスキンケアを加え、内面の美しさにもアプローチする。ブランド名である“L’EAU”は仏語で“水”を意味し、「イエナ」が大切にしている透明感や自然への感謝、人にとって不可欠なもの、自分自身と向き合う鏡のような水面などの思いを込め、コスメセレクトブランドのコンセプトは「うつくしさが、みちる私へ」と設定した。

 「ローパーイエナ」で扱うブランドは、森田敦子・植物療法士が手掛けるトータルライフケアブランド「ワフィト(WAPHYTO)」、トータルビューティカンパニー「ウカ(UKA)」、yUKIメイクアップ・アーティスト兼ビューティー・イノベーターのブランド「ビズゥ(BISOU)」、香りに着目したマインドフルネスを提案する「シン ピュルテ(SINN PURETE)」、サロン中心に取り扱い店舗での販売は初となるアイブロウツールブランド「パリブロウ(PARISBROW)」、“自らと向き合い、見つめなおす”時間とマインドを大切にするクレイブランド「クラーム(KLARM)」など28ブランド。今後も取り扱いブランドを広げる予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら