ファッション

ベイクルーズが複合大型店2号店を名古屋パルコにオープン

 ベイクルーズは、グループの複数ブランドを集積した複合大型店「ベイクルーズ ストア(BAYCREW’S STORE) 名古屋」を3月24日に名古屋パルコ南館の地下1階〜3階にオープンする。同業態での出店は、仙台市のエスパル仙台IIに続く2号店目となる。

 広さは国内最大の約3300平方メートル以上の大型店で、「シティショップ(CITYSHOP)」や「ウィズム(WISM)」「レショップ(L’ECHOPPE)」などの東海地方初出店のブランドを含む20ブランドを集積した。地下1階はウィメンズ&家具フロアで、「ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)」や「ジャーナル スタンダード ファニチャー」などの売り場。1階は「イエナ(IENA)」などのウィメンズブランドに加えて、新たに立ち上げたコスメセレクトブランド「ロー パー イエナ(L’EAU PAR IENA)」の売り場も初めて設ける。

 2階はメンズ&雑貨フロア。フロア内のポップアップスペースでは、熊谷隆志と「レショップ」の金子恵治コンセプターがコラボした初のカプセルコレクション「+シー(+SEA)」を販売する。3階はメンズとウィメンズフロアとなっている。各フロアには、「ウーア(UHR)」や「ダイリク(DAIRIKU)」など、グループと親和性のあるゲストブランドの出店スペースも設けた。

 オープンを記念して、地元の人々に長年愛されてきた台湾料理店「味仙」と「ジャーナルスタンダード」のコラボアイテムを企画した。

■BAYCREW'S STORE 名古屋
オープン日:3月24日
住所:愛知県名古屋市中区栄3-29-1名古屋PARCO南館

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら