ファッション

オンワードがグアムのホテル事業を売却 星野リゾート子会社に

 オンワードホールディングスは10日、グアム島で運営するホテル事業の星野リゾートの子会社に譲渡すると発表した。子会社オンワードビーチリゾートグアムの全ての株式と債権を譲渡する。1992年から当地でホテル事業を運営してきたが、コロナの影響で観光客が大幅に減少していた。

 運営するホテル「オンワードビーチリゾート」は客室数428の大規模なホテルで、日本からの観光客も多く訪れていた。19年12月期は売上高36億円、営業利益1億1900万円だったが、コロナ後の20年12月期には売上高8億3800万円、営業損失9億2800万円に落ち込んでいた。

 ホテル事業の譲渡先は星野リゾート子会社のグアムホテルマネジメント。株式譲渡価額は61億円、譲渡債権の譲渡価額は24億円。オンワードHDは23年2月期決算に関係会社株式売却益として特別利益を計上する。

 オンワードHDが同じくグアムで運営するゴルフ場のオンワードマンギラオグアム、オンワードゴルフリゾートグアムは譲渡対象に含まれず、同社子会社として事業を継続する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら