ビジネス

ストライプ「ホテル コエ」が1月末閉館 コロナで訪日客激減、4年で幕

 ストライプインターナショナルは28日、渋谷で運営する「ホテル コエ トーキョー」を2022年1月末で閉館すると発表した。1階の飲食店「ホテル コエ ベーカリー」、2階のアパレルショップ「コエ 渋谷」の営業も終了する。

 同施設は2018年2月にオープン。渋谷の公園通りの渋谷パルコの隣にホテル、飲食店、アパレルショップを併設するかたちで、同社のブランド「コエ(KOE)」の衣食住の世界観を国内外に発信する拠点として営業していた。ホテルは10室と小規模ながら、デザインに趣向を凝らした高級ホテルとして、開業時の室料はスタンダードが3万6000円〜、ミディアムが8万5000円〜、ラージが11万円〜、エキストララージが25万円〜で営業していた。1階はさまざまな企業やブランドのイベントでも使われていた。

 だが、コロナ禍によってインバウンド(訪日客)を見込んでいた宿泊施設は苦戦を強いられていた。同社では「(コロナなどの影響を鑑み)今後における事業の成長戦略を見直した結果」と説明している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。