ファッション

ベイクルーズ、複合大型店1号店を11月26日に仙台にオープン 来春までに3店舗出店

 ベイクルーズは、自社ECサイトのオフラインストアと位置づける複数ブランドを集めた複合大型店「ベイクルーズ ストア(BAYCREW’S STORE)」の第1号店を11月26日に仙台市のエスパル仙台IIにオープンする。

 同店は4区画(約1586平方メートル)の広さで、「ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)」や「イエナ(IENA)」「スピック&スパン(SPICK & SPAN)」「フレームワーク(FRAMEWORK)」「レショップ(L’ECHOPPE)」など、東北エリア初出店のブランドや飲食店を含む全12ブランドを取り扱う。それぞれのブランドが厳選したアイテムをそろえ、オープン日には各ブランドの限定商品や限定メニューも提供する。ポップアップスペースを併設し、外部ブランドの導入やイベントなども企画する。

 続いて2022年3月に名古屋市の名古屋パルコ南館、4月に福岡市の三井ショッピングパークららぽーと福岡に同形態の店舗をオープン予定で、出店ブランドは各都市ごとに異なる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら