ファッション

カナダ発の「レイニング チャンプ」がベイクルーズと契約 アジア初の旗艦店を原宿にオープン

 ベイクルーズは、カナダ初のアスレチックウエアブランド「レイニング チャンプ(REIGNING CHAMP)」と国内総代理店契約を締結し、9月24日にはアジア初の旗艦店を東京・原宿にオープンする。ベイクルーズ公式オンラインストアでは15日から同ブランドの取り扱いを開始する。

 同旗艦店は約76平方メートルのワンフロアで、内装は白が基調。定番のスエットアイテムをはじめ国内限定品なども取り扱うほか、店舗イベントやコラボレーション企画なども予定している。

 2007年創業の同ブランドは、デザインから縫製までを自社工場で行い、高品質なアスレチックウエアをユニセックスで販売する。18年にサザビーリーグが独占販売契約を締結したが、21年5月末で終了した。

■REIGNING CHAMP
オープン日:9月24日
時間:12:00〜20:00
住所:東京都渋谷区神宮前2-21-14

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら