ファッション

12回目の広島「ザ・トランクマーケット」もファッションやフードが充実

 広島のセレクトショップ「レフ(REF)」などを運営するエヌ(ENU)は、“ユニークでハイエンドな蚤の市”がテーマの「ザ・トランクマーケット(THE TRUNK MARKET)」を5月18日と19日に広島市中区・袋町公園で開催する。同イベントは毎年5月と11月に行い、広島県内外のショップやブランドが出店。デザイナーやクリエイター自らが店頭に立ち接客することでも話題だ。今回で12回目を迎え、毎回2万人を超える人出がある。

 今回は、ファッションや飲食、ワークショップなどが約60店舗出店する。「ビズビム(VISVIM)」や「アー・ぺー・セー(A.P.C)」「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「レイニングチャンプ(REIGNING CHAMP)」「1LDK」「ウィンダンシー(WIND AND SEA)」「エイトン(ATON)」「シテラ(CTERA)」「ピルグリム サーフ サプライ(PILGRIM SURF + SUPPLY)」「フィデス(FIDES)」「フィンガリン(PHINGERIN)」「サタデーズ ニューヨーク シティ(SATURDAYS NEW YORK CITY)」 などのブランドやセレクトショップが参加する。

 そのほか、お笑い芸人のグッドウォーキン上田歩による刺しゅうグッズのオーダー会や広島の工務店永本建設によるスツールやペンダントを作れるワークショップ、ハウススタジオ「マルク」の出張フォトスタジオなども企画。また、茨城県つくば市のワイン「ヴィナイオータ(VINAIOTA)」や“社員+社会の食堂”をコンセプトにした誰でも入れる東京・代々木上原の食堂「社食堂」、福岡のコーヒーショップ「ノーコーヒー(NO COFFEE)」など、多数の飲食店も出店。広島県出身の建築家、谷尻誠によるトークショー「青空TINK」なども予定する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら