ファッション

「ヒビヤ セントラル マーケット」が1周年を記念して春祭りを開催

 昨年3月29日に開業した東京ミッドタウン日比谷の「ヒビヤ セントラル マーケット(HIBIYA CENTRAL MARKET)」は、1周年を記念して、3月29~31日限定の春祭りを開催する。店内には桜や屋台をしつらえ、各店舗では限定ウエアやドリンク、フードなどを用意するほか、春祭りにふさわしい催しも企画している。

 アパレルブランド「グラフペーパー(GRAPHPAPER)」は「エイトン(ATON)」とコラボし、素材にこだわったTシャツ(1万6000~3万2000円)やコックパンツ(3万2000円)、マキシドレス(4万9000円)など全12型をそろえるほか、デンマーク発の「セシリエ バンセン(CECILIE BAHNSEN)」に別注したドレス(12万6000円)も取り扱う。

 中央エリアでは、クリエイティブ・ディレクターを務めるアルファの南貴之代表が日本全国で買い付けてきた骨董市を開催。ビンテージのサングラスや眼鏡を販売する眼鏡店コンベックスでは、ビンテージのフレームにフォーカスした書籍「Frame France」を販売する。

 コーヒー専門店の「アンドコーヒーロースターズ」は17時からバーとして営業し5種類のカクテルを、居酒屋「一角」は“お花見宴会コース”や“お花見おばんざいの盛り合わせ”などの限定メニューを提供する。出入り口付近に構える理髪店「理容 ヒビヤ」では一部メニューを無料でアップグレードするサービスを行う。

 期間中は南代表をはじめとする各ストアの仕掛け人たちも各店舗での接客などに加わる予定だ。

■ヒビヤ セントラル マーケット春祭り
日程:3月29日~31日
場所:東京ミッドタウン日比谷3階「ヒビヤ セントラル マーケット」
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら