ファッション

「トミー ヒルフィガー」がNY旗艦店を閉鎖 4月にはマイアミ店も

 PVHコープ(PVH CORP以下、PVH)が擁する「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」は、25日にニューヨーク5番街の旗艦店を閉鎖した。また、4月28日にマイアミ店も閉鎖するという。旗艦店は4層で、2009年にオープンした。「トミー ヒルフィガー」は北米に200以上のアウトレットがあるものの、フルプライスの路面店は旗艦店とマイアミ店のみだ。世界中では、直営のほかにフランチャイズや卸売りなども含めておよそ1500店を展開している。

 ダニエル・グリーダー(Daniel Grieder)最高経営責任者は、「オンラインでの買い物を好む北米の消費者に対応するため、旗艦店とマイアミ店を閉鎖し、デジタル化された新たなポップアップやECの強化などの次世代の買い物体験を提供することに注力する」と述べた。旗艦店の賃料や閉鎖による節約効果については開示されなかったが、PVHが3月27日に発表する本決算で明らかになるだろう。なお、「トミー ヒルフィガー」の業績は好調で、18年8~10月期の売上高は前年同期比10.7%増の11億3250万ドル(約1234億円)だった。

 同ブランドはモデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)や女優のゼンデイヤ(Zendaya)とのコラボで成功を収めているが、特に全てのルックをショー終了後に購入できる“SEE NOW, BUY NOW”のランウエイショーはソーシャルメディアで大きな注目を集め、ECでの売り上げを大幅に伸ばしている。

 最近は実店舗を閉鎖もしくは統廃合するブランドが相次いでおり、「アバクロンビー&フィッチ(ABERCROMBIE & FITCH)」は40店、「ギャップ(GAP)」は230店、「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」は52店を閉鎖する予定だ。なお、やはりPVHが擁する「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」も、ニューヨーク・マディソンアベニュー旗艦店を19年春に閉鎖することを発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。