ファッション

「トミー ヒルフィガー」新ウィメンズアンバサダーにゼンデイヤ 映画「グレイテスト・ショーマン」出演で話題の女優

 「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」は、2019年春からウィメンズのグローバルアンバサダーに女優のゼンデイヤ(Zendaya)を起用する。また、ゼンデイヤとアメリカ人デザイナーによるコラボカプセルコレクション“TOMMY × ZENDAYA”も展開する。

 ゼンデイヤは「ファッションはただクールな服を着ることではない。自己表現と個性を尊重する方法であり、ファッションによってとても力づけられることもある。『トミー ヒルフィガー』のパートナーとして活動できることはとても光栄」と語る。

 デザイナーで創業者のトミー・ヒルフィガーは「夢を実現することに情熱を持ち、次世代にもその情熱を発信できる人々とコラボすることはとても楽しい。ゼンデイヤは、ファッションを通して自分らしくあり続けることで大きな存在感を放ち、世界的なアイコンとなった。彼女とのカプセルコレクションでは、彼女の多様なものを織り交ぜるスタイルと私たちのアメリカンスピリットが見事に融合するだろう」とコメント。

 ゼンデイヤは映画「スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man : Homecoming)」や「グレイテスト・ショーマン(The Greatest Showman)」などに出演している他、シンガー・ソングライターやダンサーとしても活動している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら