ファッション

東京ミッドタウン日比谷でかなうトータルビューティ

 
 東京ミッドタウン日比谷のビューティ関連は、1階のプレミアムライフタイルゾーンに三越伊勢丹ホールディングスが展開する「イセタン ミラー メイク&コスメティクス(ISETAN MIRROR MAKE & COSMETICS)」の史上最大級の店舗が登場する。標準店舗の5倍の広さとなる約670平方メートルの広さには、ラグジュアリーブランドを中心に約40ブランドが並ぶ。

 美をトータルでプロデュースする店舗として、「イセタン ミラー」では初となるショップ・イン・ショップ形式のテナント区画を設けているのが特徴で、ブローを行える「メイク オーバー バー」や、美容機器を扱う「シックスパッド(SIXPAD)」「ヤーマン(YA-MAN)」、「アッカカッパ(ACCA CAPPA)」「シロ(SHIRO)」をこの形で提案する。また、「イセタン ミラー」初出店ブランドとして「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」「ドゥ・ラ・メール(DE LA MER)」「M・A・C」「トム フォード ビューティ(TOM FORD BEAUTY)」「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」「エピステーム(EPISTEME)」「エステダム(ESTHEDERM)」を導入する。その他、ネイルやリップ、フレグランス、ナチュラルアイテムの編集什器も構え、ネイル編集は200種以上、リップ編集は400種以上のアイテムをブランドの枠を超えてそろえている。

 「周辺にはオフィスも多く、日比谷という立地から他店舗に比べてスキンケアも豊富に扱っている。また、ホテルが多いことからグローバルなお客さまや、劇場やシネマコンプレックスがあることから親子での利用などにも期待している」と担当者は語る。

 2階には、「THREE」を展開するアクロが、ショップ・レストラン・デリカテッセンの新業態をオープン。同店は「THREE」が目指すホリスティックケアを多面的に発信する拠点となる。青山店のレストランは洋食が中心だが、ミッドタウン日比谷店は“MODERN SHOJIN”をコンセプトに、伝統的な調理法と現代的な発想を掛け合わせた野菜中心の和食を提供する。コスメはもちろん、オリジナルの生活雑貨や食品までを幅広くそろえ、ブランド初となるデリカテッセンではグルテンフリーやビーガン対応のメニューをそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら