ファッション

ベイクルーズが「ヌビアン」運営のヴェイパースと資本業務提携

 ベイクルーズグループは21日、セレクトショップのヌビアン(NUBIAN)を運営するヴェイパース(東京、吉野誠社長)と資本業務提携を締結したことを発表した。取得した株式数や株式保有比率、出資額はすべて非公表。

 ベイクルーズがヴェイパースの経営をサポートし、リソースを集約することで新たな価値創造を目指していく。具体的には、両者の協業による新ブランド立ち上げや若手クリエイターを支援するプラットフォーム・ビジネスの開発、吉野誠ヴェイパース代表取締役によるベイクルーズブランドのプロデュース、アジア市場へのアプローチなどに取り組む。

 杉村茂ベイクルーズCEOは「規模や売り上げにとらわれず、独自性や市場価値の高いアウトプットを創出することができると考えている」とコメント。

 吉野ヴェイパース社長は「経験も資本もなく3坪でスタートしたヌビアンだが、15年目を迎え、ベイクルーズのような日本有数のアパレル企業と資本業務提携を結ぶことができ楽しみだ。若いクリエイターが活躍できるようなプラットフォーム作りやベイクルーズのリソースを活用し、食住美の分野への進出、人の流れを作るような街作りまで新しい価値の創造やビジネスの在り方を提示していきたい」と話した。

 「ヌビアン」は2006年に上野でオープンし、現在は上野、原宿、渋谷に3店舗を構える。ラグジュアリーブランドから気鋭のストリートブランドまでを幅広くセレクトする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら