ファッション

ビームスと中古衣料大手のセカンドストリートが初コラボイベントを6月23日から開催

 ビームスは、 中古衣料大手で同名のショップを全国に700店舗以上展開するセカンドストリート(愛知県、今泉有道社長)と初めて協業して、東京・原宿のインターナショナルギャラリー ビームスで物販イベントを行う。会期は6月23日から7月25日まで。

 同イベントは、 ビームスのメンズドレス部門であるビームスFなどを担当する、古着に詳しい20代後半から30代前半の7人のスタッフがキュレーターとなり、セカンドストリートの衣料や服飾雑貨から、ビームスの客に薦めたい約500点をセレクトして販売するもの。会期中はキュレーター7人も接客にあたり、購入した中古品の丈直しやサイズ調整を、同フロアで2021年4月から営業する修理専門店、ビームス工房で割引価格で受け付ける。

 新設したインスタグラムのアカウント(@2ndstreet_x_beams)ですでにライブ配信を行っており、6月30日にはセカンドストリートのオウンドメディア「ノウブランド マガジン(KNOWBRAND MAGAZINE)」で、キュレーターによるセレクトアイテムの解説や、それらを使ったスタイリングを紹介する予定だ。

 ビームスの諸岡真人・事業責任者は、「“より広くファッションの楽しさを伝えたい”という思いから発案した。古着店に足しげく通い、自身のコーディネートにも取り入れるスタッフが選んだ500アイテムからは、新たな発見を得られるはず。『これがこの値段で買えるの!?』という宝探し感を楽しんでもらいたい」と話し、セカンドストリートの井澤拓也・企画責任者も「セカンドストリート未体験者に、『こんなに良いものがあるんだ』を知っていただく良い機会としたい。ビームスの高い接客スキルと提案力で当社の商品はいっそう輝くだろうし、リユースを身近に感じてもらえたらと思う」と続けた。

■2ND STREET × BEAMS
日程:6月23日~7月25日
時間:11:00~20:00
定休日:不定休
場所:インターナショナルギャラリー ビームス 2階イベントスペース
住所:東京都渋谷区神宮前3-25-15

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら