ファッション

インターナショナルギャラリー ビームスの2021年春夏  「日常に取り入れる」新たなデザイナーズウエア

 インターナショナルギャラリー ビームス(INTERNATIONAL GALLERY BEAMS)の2021年春夏は、テーマの“eclectic(多種多様)”に「ファッションは個人が思い思いのスタイリングで表現するもの」という想いを込めて、ブランドカルチャーやアイデンティティーを強く感じるアイテムをそろえる。

 片桐恵利佳ディレクターは今季の傾向について「具体的なスタイリング提案はないが、カジュアルでソフトな気心地や雰囲気のアイテムが多い」と説明する。また「夏場の過酷な気候に適した需要と日常に取り入れやすい」ことを念頭に置き買い付けを行った。新規導入ブランドも多い。

 これらを象徴するブランドの1つで、フェミニンとマスキュリンの垣根のない新たなデザイナーズウエアの提案として、イギリスの「ウェールズ ボナー(WALES BONNER)」を導入。従来は、ヨーロッパとブラックカルチャーを掛け合わせたストイックな姿勢のテーラリングを強みとしていたが「良い意味でマイルドになった。彼女のアイデンティティーが強く反映された服はシルエットが美しく、着るとテンション上がる」と絶賛する。ウィメンズのアイテム中心に、メンズコレクションからもグラフィックTシャツやウエアの一部を買い付けた。さらに「ラフ・シモンズ」が2021年春夏にスタートする初のウィメンズコレクションからドレスやジャケット、スウェットなどを豊富なサイズ感で提案する。

 強化アイテムは、サンダルとサマードレスだ。20-21年秋冬に引き続き、足元からのおしゃれを提案していく。サンダルは、古代遺跡の破片や発掘品からインスピレーションを得た「トゥーグッド&ビルケンシュトック(TOOGOOD&BIRKENSTOCK)」で、「靴下を履けば季節を越えて合わせることができるベーシックなデザイン」を買い付けた。「マノロ ブラニク(MANOLO BLAHNIK)」では、「インソールの色などの細かなディテールまで楽しめるデザインをそろえる」という。

 サマーワンピースは、日本では同業態のみで取り扱うルーマニア発のイリーナ・モロサヌ(Irina Morosanu)が手掛ける「レ バカンス ディリーナ(LES VACANCES D'IRINA)」に加え、新規で2005年にスタートし、07年にイタリア版「ヴォーグ」のヤング・デザイナー・タレントの受賞経験もある「サラ ランツィ(SARA LANZI)」や、「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」などで経験を積んだキャロライン・スミッソン(Caroline Smithson)が手掛けるイギリスの「ソーン(SSONE)」などを買い付けた。

 別注アイテムも強化する。「セヤ(SEYA)」の秋まで着用できるポロワンピースや「マリーエレーヌ ドゥ タイヤック(MARIE‐HELENE DE TAILLAC)」のジュエリーなど「各ブランドの持ち味を感じられて、愛用できるアイテムをオーダーした」。

 買い付け量は20-21年秋冬比で約7割に減らした。以前からSKUを絞り余剰在庫を削減する取り組みを行っているが「それが加速したシーズン。本当に届けたい商品をさらに厳選した」。

 デジタル施策では、高価格帯の商品が多い同業態でも、インスタグラムで商品紹介の頻度を増やしたり、商品からECにダイレクトに動線をつないだりする投稿が増えている。ただ「これらを媒介にしながらも、真意は店舗にご来店いただきたいし、可能であれば会話も楽しんでもらいたい。ECでは体験できない感覚を得られるはず」と話す。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら