ファッション

「セカンドストリート」がアメリカ東海岸に初進出!

 ゲオホールディングス(愛知県、遠藤結蔵社長)の子会社セカンドストリートUSA(2ND STREET USA、米国デラウェア州、菊地雅浩社長)は現地時間の2月22日、ニューヨーク市マンハッタン区ノーホー地区に、同社にとってアメリカ東海岸で初となる店舗「セカンドストリート ノーホー店」をオープンする。セカンドストリートUSAは当初、2019年10月中旬の開業を予定していたが、「諸所の申請の兼ね合いにより」(広報担当者)4カ月遅れのオープンとなった。敷地面積は約264平方メートル。販売だけでなく買い取りも行う。

 セカンドストリートはリユース店で、現在、日本全国に630店舗以上がある。2018年1月に海外初店舗となる「セカンドストリート メルローズ店」をロサンゼルスにオープンした。その後、20年2月までにカリフォルニア州に5店舗をドミナント出店した。セカンドストリート ノーホー店は、アメリカで6店舗目となる。

 セカンドストリート ノーホー店では「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「シャネル(CHANEL)」「グッチ(GUCCI)」などラグジュアリーブランドをはじめとする衣料品やバッグ、靴、アクセサリーなど約1万点を扱う。「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」などは“ジャパンブランドコーナー”として展開し、競合店との差別化を図る。

 セカンドストリートUSAは、「アメリカ国内で短期的に10店舗、中長期的には100店舗以上の展開を目指す」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら