ファッション

「セカンドストリート」がアメリカ東海岸に初進出!

 ゲオホールディングス(愛知県、遠藤結蔵社長)の子会社セカンドストリートUSA(2ND STREET USA、米国デラウェア州、菊地雅浩社長)は現地時間の2月22日、ニューヨーク市マンハッタン区ノーホー地区に、同社にとってアメリカ東海岸で初となる店舗「セカンドストリート ノーホー店」をオープンする。セカンドストリートUSAは当初、2019年10月中旬の開業を予定していたが、「諸所の申請の兼ね合いにより」(広報担当者)4カ月遅れのオープンとなった。敷地面積は約264平方メートル。販売だけでなく買い取りも行う。

 セカンドストリートはリユース店で、現在、日本全国に630店舗以上がある。2018年1月に海外初店舗となる「セカンドストリート メルローズ店」をロサンゼルスにオープンした。その後、20年2月までにカリフォルニア州に5店舗をドミナント出店した。セカンドストリート ノーホー店は、アメリカで6店舗目となる。

 セカンドストリート ノーホー店では「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「シャネル(CHANEL)」「グッチ(GUCCI)」などラグジュアリーブランドをはじめとする衣料品やバッグ、靴、アクセサリーなど約1万点を扱う。「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」などは“ジャパンブランドコーナー”として展開し、競合店との差別化を図る。

 セカンドストリートUSAは、「アメリカ国内で短期的に10店舗、中長期的には100店舗以上の展開を目指す」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら