ファッション

ブランド中古店「ラグダグ」平野社長に聞く二次流通市場の必勝法

有料会員限定記事

 ブランド古着店「ラグタグ」を運営するティンパンアレイは、2018年4月にワールド傘下に入った。以後、ワールドのシェアード・リユース戦略の中核を担う企業として存在感を増している。「メルカリ」をはじめ、競合が激化する二次流通市場でどのように戦うのか。平野大輔社長に聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年1月13日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2058⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら