ファッション

エイサップ・ロッキーが自身のポップアップのパーティーに登場 熱気に包まれた会場の様子をプレイバック

 セレクトショップのヌビアン(NUBIAN)が5月31日から3日間オープンしていたラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)のポップアップストア「TESTING」のアフターパーティーを、31日に東京・渋谷のサウンド ミュージアム ビジョン(SOUND MUSEUM VISION)で開催した。

 エイサップ・ロッキー本人の出演がアナウンスされていたこともあり、パフォーマンスを一目見ようとオープン前の会場付近は「シュプリーム(SUPREME)」や「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」、エイサップ・バリ(A$AP Bari)が手掛ける「ヴィーロン(VLONE)」などを着用したファンで溢れ、開場直前には100人近いファンが列をなしていた。

 会場スタッフをして「今年最多の集客」と言わしめるほどの熱狂の中、26時ごろエイサップ・ロッキーは登場。額にバンダナを巻いたシンプルなスタイルで、悲鳴にも近い歓声とスマートフォンの光を浴びながら「A$AP Forever」を軽くラップしたのち、数曲を披露した。途中「Praise The Lord」の際にはニューヨーク発のジャズバンド、オニキス・コレクティブ(Onyx Collective)でサックスを吹くイザイア・バー(Isaiah Barr)が飛び入りで参加し、即興でセッションするスペシャルなステージに。パフォーマンスは10分にも満たなかったが、来場者の汗によって視界が若干かすむほどの霧が発生する、文字通りの熱気に包まれた一夜となった。

 なお、ポップアップは連日行列ができる盛況ぶりを見せ、ほぼ全てのアイテムが完売したが、アイテムによっては店頭で取り扱っているものもあるという。初日にはエイサップ・ロッキーも取り扱いアイテムを着用して姿を見せ、ラッキーなファンを相手にサインや写真撮影に応じていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら