ファッション

ベイクルーズ、ライブコマース成功を支える「天の声」

有料会員限定記事

 ベイクルーズは2020年8月期のEC売上高が510億円(前期比29%増)、そのうち自社ECが391億円(同37%増)を達成するなど、ファッション業界で最もECが進んだ企業の一つだ。ライブコマース「ライブ スタイリング」の開始は20年5月と決して早いわけではない。だが、自社ECのノウハウの蓄積と、各ブランドの臨機応変な対応で早くも高い実績を上げている。(この記事はWWDジャパン2021年3月8日号からの抜粋です)

 ライブ スタイリングは平日夜に週2回のペースで実施し、各ブランドの販売員やプレスなどがMC(進行役)を務める。自社サイト「ベイクルーズストア」内で配信しており、リアルタイムの視聴者は数千人。1回の配信の最高売上高として配信後1週間で約2400万円を計上したこともある。

この続きを読むには…
残り1357⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら