ファッション

窪塚洋介ファミリーが「ギャップ」の広告塔に 初の家族共演

 「ギャップ(GAP)」は、2021年春のキャンペーンビジュアルに、俳優の窪塚洋介と昨年モデル活動をスタートした長男の窪塚愛流(あいる)、妻の“ピンキー(PINKY)”こと窪塚優香、長女の窪塚あまとを起用したことを発表した。“インディビジュアル オブ スタイル(Individuals of style)”をテーマに、フォトグラファーのレスリー・キー(Leslie Kee)が撮影した。窪塚洋介が家族と共演するのは今回が初めて。

 窪塚一家が着用したのは、「ギャップ」のオリジナル素材“カーボナイズドフレンチテリー”を採用した“カーキ レインボー(KHAKI RAINBOW)”コレクションと、リラックス感のあるアイテムが中心の“ニュー イーズ(NEW EASE)”コレクションだ。窪塚洋介はワーク風ジャケットにパーカ、スエットパンツを合わせたルックのほか、ストライプシャツにチノ・パンツのビジネスライクなスタイルを披露した。

 窪塚洋介は「家族でモデルの仕事をしたことがなかったし、カメラマンのレスリーが『昔から家族写真を撮りたい』と言ってくれていたので、いい機会だと思い参加した。『ギャップ』は普段からよく着るブランドで、シンプルなのが魅力だね」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。