ファッション

窪塚洋介ファミリーが「ギャップ」の広告塔に 初の家族共演

 「ギャップ(GAP)」は、2021年春のキャンペーンビジュアルに、俳優の窪塚洋介と昨年モデル活動をスタートした長男の窪塚愛流(あいる)、妻の“ピンキー(PINKY)”こと窪塚優香、長女の窪塚あまとを起用したことを発表した。“インディビジュアル オブ スタイル(Individuals of style)”をテーマに、フォトグラファーのレスリー・キー(Leslie Kee)が撮影した。窪塚洋介が家族と共演するのは今回が初めて。

 窪塚一家が着用したのは、「ギャップ」のオリジナル素材“カーボナイズドフレンチテリー”を採用した“カーキ レインボー(KHAKI RAINBOW)”コレクションと、リラックス感のあるアイテムが中心の“ニュー イーズ(NEW EASE)”コレクションだ。窪塚洋介はワーク風ジャケットにパーカ、スエットパンツを合わせたルックのほか、ストライプシャツにチノ・パンツのビジネスライクなスタイルを披露した。

 窪塚洋介は「家族でモデルの仕事をしたことがなかったし、カメラマンのレスリーが『昔から家族写真を撮りたい』と言ってくれていたので、いい機会だと思い参加した。『ギャップ』は普段からよく着るブランドで、シンプルなのが魅力だね」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら