ファッション

窪塚洋介やラブリなど12人が参加 “新しい東京との出会い“をテーマにした写真展を「カウカモ」が開催

 リノベーション住宅に特化した流通を取り扱うカウカモ(CAWCAMO)を運営するツクルバは、音楽ストリーミングサービスの「スポティファイ(Spotify)」とコラボレーションし、“新しい東京との出会い“をテーマにした写真展「TOKYO SOUNDSCAPE by cowcamo」を開催する。窪塚洋介やラブリ、SALUなど12人の著名人やクリエイターらが参加する。期間は7月24~29日で、会場は東京都目黒区にあるクラスカ ギャラリー(CLASKA GALLERY)。
 
 クリエイターらは、東京らしいと感じた瞬間を使い捨てカメラ“写ルンです”で撮影し、彼らの日常や新しい視点で見た東京の街を表現。加えてスポティファイ上で彼らがプレイリストを作成。会場で、撮影した情景と音楽を同時に体感することで、彼らの感性を通した東京の一面に出合える。
 
 写真展開催の前日にはラブリ、yoppy(little sunny bite)を招き“東京の街”をテーマにトークイベントも開催する。入場は無料で定員は30人。

■TOKYO SOUNDSCAPE by cowcamo
日程:7月24~29日
時間:11:30〜20:30 ※最終日のみ17:00まで
場所:The 8th Gallery
住所:東京都目黒区中央町1-3-18 クラスカ8階
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら