ファッション

金子恵治ディレクションの「アウトドアプロダクツ」の新店が7月31日表参道に

 ベイクルーズは7月31日、東京・表参道にアウトドアブランド「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」のコンセプトストア「アウトドアプロダクツ ザ・レクリエーションストア」をオープンする。日本における独占輸入販売権は引き続き伊藤忠商事が持ち、一部をベイクルーズがディレクションする形だ。

 セレクトショップ「レショップ」の金子恵治コンセプターがディレクターを務め、アートディレクターに平林奈緒美、バッグデザイナーに「テンベア(TEMBEA)」の早崎篤史、ウエアのデザイナーに「ブラームス(BLURHMS)」の村上圭吾を指名した。

 地下1階、地上2階の3フロア構造で、売り場面積は約170平方メートル。地下1階にはコラボレーションアイテムを集積し、第一弾として「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」との協業バッグを並べる。9月上旬には、「フレッシュサービス(FRESHSERVICE)」「アダルト オリエンテッド ローブス(ADULT ORIENTED ROBES)」とのトリプルコラボアイテムをラインアップする予定だ。

 金子ディレクターは、「『アウトドアプロダクツ』の創業は1973年で、当時はノートパソコンを日常的に持ち歩くことはなかった。今とはライフスタイルが違う。アウトドアプロダクツ ザ・レクリエーションストアでは、“2021年の道具”をプレゼンしたい」と話す。2号店以降の動きについては、「構想はもちろんある。内見会にも多数のデベロッパーに来場いただき、好感触を得ている。また商業施設からは、ポップアップストア出店の誘いも受けている」と話す。

 「アウトドアプロダクツ」はロサンゼルスで創業。バッグを中心にウエア、サングラス、時計などをラインアップする。コーデュラナイロン製の"452U"は“デイパックの代名詞”とも称され、60カ国以上で販売されている。

■アウトドアプロダクツ ザ・レクリエーションストア
オープン日:7月31日
時間:11:00~20:00
定休日:不定休
住所:東京都渋谷区神宮前4-4-8

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら