ファッション

レショップ “セレクトショップ原理主義”を掲げリニューアル

 ベイクルーズの運営するメンズセレクトショップ「レショップ(L'ECHOPPE)」が4月28日リニューアルオープンした。店頭には2周年を記念し「コモリ(COMOLI)」別注のショーツが並び、英国のアイウエアブランド「オリバーゴールドスミス(OLIVER GOLDSMITH)」はビンテージから現行品まで約150本集めた。特に、プリミティブな暮らしを続けるアーミッシュのハンドメードハットは新生レショップを象徴する商材で、開店3時間で20個が完売した。

 「われわれはベイクルーズという大きな組織に属しており当然、戦略的に『売りたい』と思うこともある。トレンドや機能性といった要素はわかりやすくはあるが、なるべくそれらは排除し、プロダクトにストーリーがあるかどうかでバイイングしている」とレショップの金子恵治コンセプター兼バイヤー。

 モノが売れない時代、多くのセレクトショップはよりわかりやすいMDに走りがちだ。だがレショップはその逆をゆき、「ギリギリ不親切でありたい」という。「実店舗でこそ得られる体験があり、それこそが買い物の醍醐味」。セレクトショップ原理主義とも言える、このコンセプトは顧客の支持も集めており、2016年9月~17年2月期の売上高は前年同期比2倍を記録した。「夢物語をしっかりビジネスとして成立させることが、目的であり目標」。

 リニューアルを機に実店舗でのセールもやめ、5月中にオープン予定のECで対応する。レショップの古明地拓朗ショップマネージャー兼プレスは、「その分、店頭にはよりカスタマーに驚いてもらえる商品を並べたい」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら