ファッション
特集 CEO2024 ファッション編

リーダーたちの選択 「市場創造」のために何をすべきか

有料会員限定記事

「WWDJAPAN」の2024年CEO特集では、20社のファッション企業のリーダーたちを取材した。それぞれの事業領域は異なるものの、各社に共通するのは「市場創造」に向けた強い意志である。日本の少子高齢化、物価の上昇、経済のグローバル化、そして日常生活のデジタル化が加速する中、新しいマーケットを構築しようとする動きが活発になっている。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月29日号からの抜粋です)

20社のファッション企業の経営者は何を語ったか

コロナ禍では守りの経営を強いられた企業が2024年は攻めの姿勢を鮮明にしている。この間、アパレル業界の長年の課題であった過剰生産とセール依存の体質から脱却するため、各社は地道な改革を重ねてきた。

ベイクルーズの杉村茂CEOは「この2年間、安売りをしてお客さんをがっかりさせるのはやめましょう、結果として利益を出す構造を作りましょう、とスタッフに働きかけてきた部分は浸透した手応えがある」と話す。その上で、24年にこだわるのが売上高だ。セールやポイント施策でかさ上げされた売上高でなく、適時・適品・適量の徹底によってしっかり利益を伴う売上高で自社を次のステージに引き上げる。24年8月期に掲げるのは前期比16%の増収。前期実績を200億円以上も上回る1600億円超の達成を目指す。

そのために未開拓だったマスボリューム市場に向けた新業態「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」、アッパー市場にはパリコレで活躍する日本人デザイナーと組んだ新ブランドを立ち上げる。また2月に虎ノ門ヒルズ(東京都港区)に開く800坪の大型旗艦店「セレクト バイ ベイクルーズ(SELECT BY BAYCREW'S)」も同社にとって新しい挑戦である。

この続きを読むには…
残り4559⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。