ファッション
連載 齊藤孝浩の業界のミカタ 第61回

2023年度世界アパレル専門店売上高ランキング~10年前とどう変わった?

有料会員限定記事

企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は毎年恒例となった同氏算出の世界アパレル専門店売上高ランキングのハイライトと10年前との比較を紹介する。(この記事は「WWDJAPAN」2024年5月13日号からの抜粋です)

2023年度は1位から10位まで順位は前年と変わらず。一方、円安が進んだので、日本円換算の各社の売上高は大きくなり、1兆円プレーヤーが増えました。円安だと日本企業が不利になりますが、ファーストリテイリング(FAST RETAILING)はグローバル企業となり、今や海外売上高の方が大きいので、円安が進めば、為替差益分が上乗せされることになります。国内中心のしまむらは、円安にかかわらず健闘した、という感じでしょうか。

私がランキングを作り始めた2008年度から変わらず首位のインディテックス「ザラ(ZARA)」は、安定の増収増益です。オンラインとオフラインの統合(OMO)と、近隣国生産でマーケットの変化に合わせた需要との連動生産ができているので、在庫回転率を高めながら、全ブランド、全地域、オンライン、オフライン全て増収という無敵状態です。さらに物流インフラに投資しているので、今後もさらに柔軟性が生まれ、強みを発揮すると思われます。

この続きを読むには…
残り2080⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。