ファッション
連載 エディターズレター:VIEWS ON WWD U.S. 第15回

プラットフォーマー化する「シーイン」

有料会員限定記事
※この記事は2023年09月22日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

シーイン(SHEIN)」がすでにプラットフォーマーへと進化し始めているの、ご存知でしたか?マーケットプレイスとして、「シーイン」以外のブランドの扱いも始まっているんです。すでに「スケッチャーズ」などが参加しています。

「シーイン」は特に米国で爆発的に売り上げており、実数は分かりませんが、アップルのショッピングカテゴリーで2021年、22年と首位争いをするほどアプリが世界中でダウンロードされています。そして、今年に入ってからマーケットプレイスを開設し、扱うブランドとカテゴリーを拡大しています。今やペットやキッチン用品、家電なんかも扱っており、オシャレなプチプラアイテムの総合ECプラットフォームへと変貌しています。

そしてこの度、スパーク・グループと業務提携です。スパーク・グループといえば、ブランド管理会社オーセンティック・ブランズ・グループ(ABG)と米不動産大手サイモンの合弁会社。ABGが持つ「フォーエバー21(FOREVER 21)」や「ノーティカ(NAUTICA)」「リーボック(REEBOK)」などの運営を行っていますが、つまり、そのあたりのブランドが続々と「シーイン」で販売されるのかもしれません。

今回の提携では、米国内の「フォーエバー21」の店舗で「シーイン」のポップアップを開いたり、返品を受け付ける拠点を置いたりもするそうです。サイモンは米国中にショッピングセンターやアウトレットモールを運営していますが、ECはそれほど得意ではありませんし、「シーイン」が抱える1億5000万のユーザーへのリーチは大きな魅力です。そして「シーイン」にとっても直営店を構えることなく、リアルでのさまざまな施策が可能です。一見競合しそうなブランド同士ですが、大変合理的な判断ですね。

この続きを読むには…
残り505⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。