ファッション
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY

山は動いた 「楽天 ファッション ウィーク東京」【エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY】

有料会員限定記事
※この記事は2023年08月30日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

山は、動き出しております。

「楽天 ファッション ウィーク東京」の話です。コロナ直前はもはやインディーズイベントのようで、正直に告白すればミラノやパリコレ直後でアウトプットが忙しかった私も足が遠のいていた東京でのファッションウイークが、確実に盛り上がっています。

まず、ミラノやパリコレには参加するのに、東京のファッションウイークには来なかった(私もでした、ごめんなさい!)女性誌を中心とするメディアの姿を頻繁に見かけるようになりました。「フェティコ(FETICO)」や「カナコ サカイ(KANAKO SAKAI)」「ハルノブムラタ(HARUNOBUMURATA)」がけん引役。「ヴォーグ」に「エル」「ギンザ」などのSNSで、東京でのランウエイショーが上がるようになり、嬉し涙が溢れます。

> WWDJAPANのインスタグラムはこちら

そんなメディアが大好物の、セレブも増えている印象です。特に「フェティコ」は大豊作。中島美嘉に忽那栞里、玉城ティナ、藤井萩花、馬場ふみかに加藤順子!「ハルノブムラタ」にも、西内まりやや馬場ふみか、楓、ソンミ、浦浜アリサが勢揃い。「WWDJAPAN」のソーシャルエディターも、予想以上のセレブリティに東奔西走し、心地よい疲労感を味わっていることでしょう(笑)。

そして、こうした人たちが「東コレ」のイメージを改めようとしています。長年海外系のモード誌で働いていた女性は私に、「東京にも、大人の女性が着られて、骨格がしっかりしている海外の人たちにもアピールできそうなブランドが増えているのね。いつから?」と聞いてくれました。彼女は現在、投資家のリクエストに応じ、海外でも売れそうな日本ブランドを発掘しています。同様の印象を抱いている人は、少なくないでしょう。そして、この素直な驚きはウェブメディアのコンテンツやSNS、そして口コミで、ますます広がること間違いなし!良き循環を導く、大きな歯車が回り出した感があります。

この続きを読むには…
残り938⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

コロナ明けで新展開、スキー&スノーボード市場 雪山愛好者、藤原ヒロシインタビューも

12月4日発売の「WWDJAPAN」は、スノースポーツ市場特集です。暖冬予報は出ていますが、各地のスキー場から続々とオープンのニュースが届く季節になりました。コロナが落ち着き、雪を求めて日本にやってくる海外観光客が今冬は激増しそうです。また、コロナ禍以降のアウトドア意識の高まりで、スキーやスノーボードを再開したり、新しく始めたりする国内客も増加。自然をより濃密に体験する手段として、バックカントリー…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。