ファッション

東コレは情報発信で成果も海外との連携に課題 キーパーソンが振り返る2023-24年秋冬

有料会員限定記事

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)は、3月13〜18日に2023-24年秋冬シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」を行った。屋内でのマスク着用も任意となり、コロナ前の雰囲気に近づいたシーズンだった。JFWOと冠スポンサー楽天のキーパーソンは、今季をどう振り返るのか。

WWD:今季の成果は?

松村:2019年9月に「楽天ファッション(Rakuten Fashion)」をリブランディングしたタイミングで東京ファッション・ウイークの冠スポンサーに就任し、“日本のファッション産業全体を底支えする”という思いの下、ファッション業界における「楽天ファッション」のプレゼンス向上やブランドとの関係性構築を目指してきた。特に「バイアール(by R)」の立ち上げと、同プロジェクトを通じた「楽天ファッション」への参加および限定商品の販売、ショーのライブストリーミングなどにより、toB向けだったファッション・ウイークをエンドユーザーにも解放している点に手応えを感じている。今季はOMO施策として渋谷パルコと連携し、「バイアール」で支援した「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」と、他9ブランドが連動した限定商品を扱うポップアップストアをファッション・ウイーク中にオープンした。完売品も多数出るなど、ユーザーからも高い評価を得た。

WWD:東コレへの参加とともに「楽天ファッション」に新規出店したブランドもある。

松村:「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「トーガ(TOGA)」「ビューティフルピープル(BEAUTIFUL PEAPLE)」「アンリアレイジ(ANREALAGE)」、今季支援した「チカ キサダ(CHIKA KISADA)」「タカヒロミヤシタザソロイスト.」を含めて、これまで12ブランドが参加している。今後も、「メグミウラ(MEGUMIURA)」などの気鋭ブランドが参加予定だ。われわれのデジタルやECの知見を生かして、日本のファッション産業をエンパワーメントしていきたい。

この続きを読むには…
残り520⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。