ファッション

「フェンディ」2015年春夏ミラノメンズ レザーで作るユースカルチャーのシンボル

 「フェンディ(FENDI)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、レザーで作るユースカルチャーのシンボリックアイテムが面白い。それは、履きこんでだいぶ“味”が出てきたデニムと、メッシュ素材を用いたアウトドアブルゾン。「フェンディ」らしい実験的な技術を動員し、デニムのようなレザー、メッシュのようなレザーを開発。トロンプルイユ(だまし絵)に溢れたユニークなコレクションとなった。

 デニムは、履き込んでダメージさえ現れたヴィンテージタイプの表面をデータとして取りこみ、それを転写プリントでレザーに落とし込んだ。転写プリントしても違和感を覚えないのは、布帛のように柔らかいレザーを使用しているから。一方のメッシュは、レザーからレーザーカットで無数のだ円形をくり抜いたもの。穴だらけながら洋服に使える程度の強度を保っているのは、これもレザーのなめし方やレーザーカットの工夫によるところが大きい。

 トロンプルイユ以外では、クレイジーカラーのマルチボーダーニットや、「バッグ・バグス」を描いたブルゾン、ムートンで作る電球などのアクセサリーがユニーク。高級素材を自由奔放かつ遊び心たっぷりに加工し、ラグジュアリーな素材が押しつけがちな過度の緊張感を排除。現代の日常生活にふさわしいウエアに落とし込んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら