ファッション

「グッチ」2015年春夏ミラノメンズ 潔い直球マリン。そこに潜む、最近のグッチイズムとは?

 「グッチ(GUCCI)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、ピッティ・イマージネ・ウオモを中心にイタリアで勢いを増すマリンテイストの直球勝負だ。用いた色は、ネイビーとレッド、それにホワイトのトリコロール。ファーストルックの純白のセットアップには、袖口にネイビーの2本線が走り、同じくマリンボーダーのスカーフがチラリと覗く。以降もラペルをマリンボーダーで切り替えたり、パンツが一面ボーダーで覆われたり。ジャケットにはエポーレットがあしらわれ、気分は海軍の将校だ。

 ユニークなのは、水兵の作業着である“つなぎ”のエレガントバージョン。エポーレット付きのジャケットとリラックスシルエットのパンツは、ウエストバンドで一体となった。一見するとセパレートなのに、実は一着のトロンプルイユ(だまし絵)だ。

 このように、最近「優しさ」を漂わせる「グッチ」ゆえ、コレクションにはいたるところに共感を誘うリラックスムードや笑みを誘うアイデアが潜んでいる。ジャケットの下に合わせたシャツは、時にロング丈のリラックスフォルム。フリーダ・ジャンニーニが愛してやまないスキニーパンツは、今シーズンに限って言えばむしろ少数で、腰周りにタックを刻んだリラックステーパードのバリエーションが豊富。特に裾をロールアップしたデニムやチノパンは今の気分だ。足元も、ホースビットのローファーのほか、キャンバスタイプのスニーカーまで幅広い。日常の生活における幸せを噛みしめ、その喜びをひと匙加えているフリーダのコレクションは、たとえ直球勝負でもバリエーションに富んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら