ファッション

「エンポリオ アルマーニ」2015年春夏ミラノメンズ ライン使いで変化をつける90年代風ミニマリズム

 「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、「LINE」がテーマ。ブラックとネイビー、ホワイトを主体とする、余計なデザインや装飾の少ないスポーティなスタイルに、主にはコントラストカラーのライン(直線)を加えることでバリエーションを増していく。

 ラインの使い方は、様々だ。シンプルなボーダーやスクエア(ウインドー・ペン)、ジグザグはもちろん、格子を左右の身頃でそれぞれ傾け、体の中央で合わせることで谷のようなモチーフにしたり。用いる色とピッチも千差万別で、ボディコンシャスなニットにはコントラストカラーで細いラインを、ボリュームシルエットのブルゾンには同系色で太いラインをのせていく。ラインは、素材と素材の組み合わせでさえ描かれる。時には生地にレーザーカットで切れ目を入れ、それをラインと見たて、ハリのある素材で作ったボリュームシルエットを引き締める。また、オーガンジーのように透明な生地はコットンやシルクとつなぎ、ボーダー状に配列。トレンディなビッグシルエットの布帛Tシャツとなった。ここでは、生地を熱接着することで縫い目を排し、ミニマリズムを追求。近年の「エンポリオ アルマーニ」が個性とする、革新素材やテクニックで生み出すスポーツマインド漂うスタイルの代表例だ。

 スポーツマインドは、足元にも現れた。シューズの大半はラバーソールで、ここにもジオメトリックなラインが加わっている。バックパックにもラインなのは、言うまでもない。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら