ファッション

2024年秋冬のテキスタイルトレンドは3D、光沢、ビンテージ感がキーワード(全100枚)

有料会員限定記事

世界的テキスタイル見本市「第37回 ミラノ・ウニカ(MILANO UNICA)」が7月11〜13日に、イタリア・ミラノで開催された。春夏から引き続き、意匠性を凝らした立体感が重視されている。メード・イン・イタリーの高級感を保ちつつ、ビンテージ感のある風合いや、ラメ糸やスパンコールで表現する光沢感がキーワードに挙がった。

2024〜25年秋冬シーズンに向けた大テーマは、“コミュニティー”。ステファノ・ファッダ(Stefano Fadda)=クリエイティブ・ディレクターは、「お互いが尊敬し合い、価値観を分かち合えるコミュニティーの、ポジティブなムードをテキスタイルでどう表現できるかに挑戦した」と説明する。同展では、“ファミリーコミュニティー” “カルチャーコミュニティー” “ナイトコミュニティー”の3つのスタイルに分けて展示した。

“ファミリーコミュニティー”

この続きを読むには…
残り634⽂字, 画像100枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。