ファッション

「クロエ」のガブリエラ・ハースト退任 リシュモンが正式に認める

クロエ(CHLOE)」は、ガブリエラ・ハースト(Gabriela Hearst)=クリエイティブ・ディレクターの退任を正式に認めた。彼女の退任については6月に噂が浮上していた。ハースト=クリエイティブ・ディレクターによる最後のコレクションは、2024年春夏パリ・ファッション・ウイーク期間中の9月28日に発表する。

メゾンを擁するコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)は、後任について言及していないが、すでにリサーチを開始しているようだ。

「クロエ」はガブリエラの退任について、「メゾンがミッション・ドリブンな会社になるために欠かせない、中心的な役割を担ってくれた」と評価。3年のガブリエラの功績に感謝の意を示している。同社のファッション&アクセサリー部門を率いるフィリップ・フォルトゥナト(Philippe Fortunato)最高経営責任者(CEO)は、「ガブリエラと彼女のチームによる、未来の成長に不可欠な礎を築いた貢献とファッション業界におけるサステナビリティ活動に感謝したい」とのコメントを発表している。

加えてクロエのリカルド・ベッリーニ(Riccardo Bellini)CEOも、「彼女のエネルギーとダイナミックなクリエイティビティは、期間中の著しい成長に繋がった。メゾンの新たな一章を記したことだろう。責任ある未来に向けた意味ある進化を担ってくれたことに感謝している」という。

ハースト=クリエイティブ・ディレクターはウルグアイ生まれで、ファッションデザインは独学で身につけた。父が経営する牧場の経営を引き継いだ後、ニューヨークを拠点に自身のブランド「ガブリエラ ハースト」を設立し、15-16年秋冬シーズンにデビュー。同牧場で生産するメリノウールをはじめとする上質な素材を用いて、タイムレス、クオリティー、サステナビリティの原則に基づいたラグジュアリーなウエアやバッグなどのアクセサリーを提案している。

ガブリエラの在任中、世界的には「クロエ」の売り上げは6割増加したと言われているが、日本ではサステナブルな素材の利用による価格の高騰や、ガブリエラの力強いデザインが、甘いムードを好んだかつてのファンには受け入れ難いケースもあった。一方、最近は復調傾向だったとも言われている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。