ファッション

BTSのJ-HOPEやアッシャーなどスターが大集結! 「ルイ・ヴィトン」2023-24年秋冬メンズ・コレクション

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は1月19日、2023-24年秋冬メンズ・コレクションをルーブル美術館の中庭で発表した。BTSのJ-HOPEがゲストとして来場することが事前に明らかになっていたため、会場周辺には大勢のファンやメディア関係者が詰めかけた。

 フロントローには、J-HOPEのほか、GOT7のジャクソン・ワン(Jackson Wang)、アッシャー(Usher)、ラッパーのタイガ(Tyga)、モデルのカーリー・クロス(Karlie Kloss)、俳優のキット・ハリントン(Kit Harington)、そしてニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)「ルイ・ヴィトン」ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターらが着席。ショーは、アパートメントのようにしつらえられたセットで、スペインの歌手ロザリア(Rosalía)が熱唱する中で行われた。

 「ルイ・ヴィトン」は、21年11月に急逝したメンズ・アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の後任について「時間をかけて探す」としている。このため、今回のショーは、ストリートウエアブランド「キッドスーパー(KIDSUPER)」の創業デザイナーであるコルム・ディレイン(Colm Dillane)、「オフ-ホワイトc/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のイブラヒム・カマラ(Ibrahim Kamara)=アート&イメージディレクター、映画監督のミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)によるクリエイティブチームが手掛けた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。