ファッション

フレッシュな「ステラ」がカムバック、マシューの「ジバンシィ」に見た光明とは? 編集長のパリコレ真剣レビューVol.7

有料会員限定記事

 フレッシュ。「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」の2023年春夏コレクションを一言で表現するなら、この言葉がピッタリだろう。

 ファッション業界におけるサステナビリティの先駆者はここ数年、コロナ禍も影響して、オーバーサイズのジャケットとリラックスシルエットのニット、カットアウトなどを多用してボディ・ポジティブの価値観を訴えるインナーに特化していた印象があった。先駆者が考えるべきは、デザインだけに止まらない。素材の誕生から再利用に至るまでの循環や、商品の配送方法、店頭での対応、そして消費者への啓蒙など多岐に及んでいる。正直、コロナ禍の数年は、デザインのバリエーションをむやみに増やさず、その分、ほかに注力していた印象もある。少し減速していたデザインの歯車が再び、大きく動き出した印象だ。

 ファーストルックは、オーバーサイズのジャケットルック。定番のアイテムだが、スタイリングはもうここからフレッシュだった。片側だけが異様にボリューミーなアシンメトリーのスカートと、フィッシュネットをタイツのように履くヌードカラーのパンプスを合わせて、太ももより下を大胆に露出。肩の力が抜けつつも、洒落ていて、若々しい。そんなスタイルのモデルたちが赤と青、黄色のランウエイを歩き出した。

この続きを読むには…
残り2060⽂字, 画像28枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。