ファッション

アンダーウエアがアウターの時代 「トム フォード」は光り輝くセンシュアルボディを飾る

 夜空にライトアップされたワールドトレードセンターが映えるロウワー・マンハッタンで、「トム フォード(TOM FORD)」がランウエイショーを開催した。ブルックリン・ベッカム(Brooklyn Beckham)や女優のニコラ・ぺルツ(Nicola Peltz)、モデルのエヴァン・モック(Evan Mock)らセレブが集い、フォトグラファーたちが歩道にごった返して誕生したファッショナブルなカオスは、「トム フォード」ならではだ。

 インビテーションには、ミラーボール。優雅なつくりのホワイトのソファーにゲストたちが着席すると、モデルがピカピカ光るミラーのランウエイに現れた。ファーストルックは、グラムなウエスタンシャツ。テキサス出身のトム・フォードらしい。シャンパンブルーやピンクのジャケットやショートパンツは、光が反射して、インビテーションに描かれたミラーボールのよう。まるで本人が発光しているかのように光り輝いてみえる。今シーズンもトムは、「その人がもっともセクシーに見えるのは、自分に自信があるとき」と教えてくれる。

 キラキラのビーズが施されたロックなボディスーツや、ブラックレースのブラやショーツは、「何かを隠す」ために身に着ける洋服という固定概念を超越。透けたり、チラ見せしたりするアンダーウエアではなく、もはやアウター感覚のレースショーツやブラジャーだ。

 ダイバーシティやインクルージョンを大切にしていれば、おのずと自分のオリジナリティにたどりつく。なぜなら自分のボディこそ、ほかの誰とも同じじゃないから。摩天楼とトム・フォードが、「煌めくライフには、やっぱりファッションが必要」と感じさせてくれた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。