ファッション

アンダーウエアがアウターの時代 「トム フォード」は光り輝くセンシュアルボディを飾る

 夜空にライトアップされたワールドトレードセンターが映えるロウワー・マンハッタンで、「トム フォード(TOM FORD)」がランウエイショーを開催した。ブルックリン・ベッカム(Brooklyn Beckham)や女優のニコラ・ぺルツ(Nicola Peltz)、モデルのエヴァン・モック(Evan Mock)らセレブが集い、フォトグラファーたちが歩道にごった返して誕生したファッショナブルなカオスは、「トム フォード」ならではだ。

 インビテーションには、ミラーボール。優雅なつくりのホワイトのソファーにゲストたちが着席すると、モデルがピカピカ光るミラーのランウエイに現れた。ファーストルックは、グラムなウエスタンシャツ。テキサス出身のトム・フォードらしい。シャンパンブルーやピンクのジャケットやショートパンツは、光が反射して、インビテーションに描かれたミラーボールのよう。まるで本人が発光しているかのように光り輝いてみえる。今シーズンもトムは、「その人がもっともセクシーに見えるのは、自分に自信があるとき」と教えてくれる。

 キラキラのビーズが施されたロックなボディスーツや、ブラックレースのブラやショーツは、「何かを隠す」ために身に着ける洋服という固定概念を超越。透けたり、チラ見せしたりするアンダーウエアではなく、もはやアウター感覚のレースショーツやブラジャーだ。

 ダイバーシティやインクルージョンを大切にしていれば、おのずと自分のオリジナリティにたどりつく。なぜなら自分のボディこそ、ほかの誰とも同じじゃないから。摩天楼とトム・フォードが、「煌めくライフには、やっぱりファッションが必要」と感じさせてくれた。


【WWDJAPAN Educations セミナーのご案内】

WWDJAPAN Educations
2023年春夏トレンドセミナー

開催日時:2022年11月15日(火) 13:30~16:30(会場受付13:00より)

 「WWDJAPAN」は11月15日、毎シーズン恒例となった「WWDJAPAN Educations 2023年春夏トレンドセミナー」を開催します。ランウエイでの発表に完全に戻ったミラノ・パリを中心とした海外コレクションの最新情報から国内マーケット展望、リアルトレンドの実態まで独自の取材と視点で分かりやすく解説。「WWDJAPAN」の取材体制もパワーアップし、村上編集長はじめ取材陣による現地リポートも満載です。

 また今回【第3部】では、たくさんのご要望をいただいていたメンズトレンドを初開催。6月に開催されたメンズコレクションを中心に日本市場でも浸透しそうなトレンドをお届けします。

 2023年ファッショントレンドはどこに向かうのか?現地取材を通して得たグローバルな潮流と日々の取材から見えてくる国内マーケット情報を主軸に多彩なゲストをお招きして23年春夏商戦に備えるための1日を「WWDJAPAN」がお届けします。


詳細・お申し込みはこちら

※お申し込み、お支払いはPeatixでのお手続きとなります
※お申込みは、11月14日(木)午後12時で締切となります