ファッション

「ザラ」が古着を再生したコレクション発売 スウェーデンのスタートアップ企業と連携

 「ザラ(ZARA)」は、廃棄衣料からビスコースレーヨンを再生する技術を持つスウェーデン企業リニューセル(RENEWCELL)と協業した初のカプセルコレクションを公式ECサイト上で販売中だ。

 同コレクションでは、リニューセルが開発した新素材「サーキュロース(Circulose)」を用いたカットアウトのロングドレス(税込7590円) や、透かし編みのセーター(5990円)、リブニットのセットアップ(パンツ4990円、チュニックトップス4990円)などをそろえる。すべて無染色のナチュラルカラーで企画した。

 パトリック・ランドストロム(Patrik Lundstrom)=リニューセル最高経営責任者は『ザラ』のようなグローバルブランドとのコラボレーションは、ファッション業界を変革するという私たちのビジョンに命を吹き込んでくれた。『ザラ』との協業なしにはこのような急成長はありえなかっただろう。継続的なコラボレーションの最新の成果として今回のコレクションを発表できたことをうれしく思う」とコメントした。

 同社はスウェーデン国内に新設した工場を拠点に、商業規模での生産体制を整えており、この工場では年間6万トンの原料を再生する計画だ。今年3月には日本のセルロース繊維メーカーのダイワボウレーヨンと長期的な商業パートナーシップを結び、「サーキュロース」を使用した繊維の供給量拡大を目指す。また来年には、スウェーデン国内に新たな大規模工場を新設する予定だ。今年1月には「サーキュロース」の原料となる廃棄衣料を安定的に確保するため、ヨーロッパの繊維分別業者3社と複数年の購入契約を結んだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。