ビジネス

「無印良品」とURの団地活性化プロジェクト 千葉市とも組み花見川団地の課題を解決

 「無印良品」を運営する良品計画と、そのグループ会社で住生活事業を担うMUJI HOUSE、千葉市、都市再生機構(以下、UR)はこのほど、千葉市の花見川団地とその周辺地域の生活圏活性化を目指し、協定書を締結した。MUJI HOUSEとURは2012年から、団地リノベーションのための共同企画を実施している。高齢化や老朽化など、各地の大規模団地が抱える社会課題への対応を目指している。

 「UR団地でも有数の規模を誇る」という花見川団地では、従来からMUJI HOUSEとURがタッグを組んで住戸のリノベーションやイベントなどに取り組んできた。今回新たに良品計画と千葉市も加わることで、商店街区のリノベーションや公共スペースでのワークショップ、イベント開催などによる地域コミュニティーの活性化をさらに進める。商店街区のリノベーションは23年3月に完成予定。

 団地住人の高齢者などを対象に、団地内の移動支援として良品計画がデザインを手掛けた自動運転バス「GACHA」の実証実験も行っている。期間は5月25日から6月1日までを予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。