ファッション

サザビーリーグが米ロサンゼルス発の「アウターノウン」を22年秋から独占輸入販売

 サザビーリーグは2022-23年秋冬シーズンから、プロサーファーのケリー・スレーター(Kelly Slater)による米ロサンゼルス発のサステナブルウエアブランド「アウターノウン(OUTERKNOWN)」のメンズ、ウィメンズ商品を独占輸入販売する。同ブランドはこれまでもサザビーリーグの「RHCロンハーマン(RHC RON HERMAN)」で取り扱ってきた。今後は他セレクトショップなどにもサザビーリーグから卸販売する。

 「アウターノウン」は現役のレジェンドサーファーであるスレーターが、15年にクリエイティブ・ディレクターのジョン・ムーア(John Moore)と共に設立。当時から「服が人と地球の豊かさに貢献する未来」を掲げており、「現時点で全商品の90%がオーガニック、リサイクル、または再生型繊維を使用。水着トランクスは100%でリサイクル・再生型の繊維を使用」しているという。また、ジーンズなど一部商品については「生涯のリペア・交換・リサイクル支援を提供している」。

 価格帯はTシャツ8000〜1万3000円、スエットトップス1万6000〜2万9000円、ジーンズ2万3000〜4万9000円、アウター2万9000〜9万9000円、水着1万1000〜2万1000円、アクティブウエア1万1000〜4万9000円。

 現時点での直営店出店の予定はないという。なお、サザビーリーグはこれまでも、「フランク&アイリーン(FRANK&EILEEN)」「カナダグース(CANADA GOOSE、注:22年4月以降は本国とサザビーリーグの共同出資によるジャパン社により運営)」「マーレット(MARETTE)」などの独占輸入販売権を取得し、「ロンハーマン」などで販売しながらブランドを育成する手法を取ってきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら